シーズーの寝場所と睡眠

2929beb890450de42f7640b569ec0f0b_s

 

犬をどこで寝かせていますか?一緒に寝ますか?専用のベッドやクッション?それともゲージに入れますか?

 

うちのシーズーは家の中でゲージを使っていません。使わないときは畳んでおけるサークルで仕切っているだけです。お留守番のときも広めに陣取っています。シーズーは暑がりなので風通しがよい、日が直接当たらない場所にしています。ですので家族が家に居るときはそのサークルもないので、寝るときも基本自由にさせています。

 

よく犬を一緒に寝かせてはダメと聞きますがどうしてなのでしょうか。
ダメな理由として、主人と飼い犬のバランスがおかしくなる、犬が自分を一番だと勘違いして言うことを聞かなくなるからだといいます。寝るときはその犬にもよりますが、枕元、つまり頭に近い位置、おなかの上などが多く、それがマウンティングの意味で言うと自分が上!となり立場が逆転するということらしいのです。

 

しかし、私は獣医さんに聞いたのですが一緒に寝ることが原因ではないそうです。言うことを聞かず、犬が自分が上だと思ってしまうのは、日々の接し方、しつけが大事なのであって寝る位置は関係ない!と言われました。そもそも群れで行動する犬や狼は身を寄せ合って眠るし、猫は高いほうが有利というか強い立場というのがあるそうですが、犬はあまり高さで立場を決めることはないそうです。

 

なので寝る場所も犬と人間が心地よい好きな場所で問題ないと思います。シーズーは抜け毛も少ないので一緒に寝ても安心ですよね。ただベッドの高さによっては夜中暗いときに飛び降りて足を怪我することがあるから気をつけたほうがいいです。

 

うちのシーズーは暑がりなほうなので、ベッドに入ってくるのは寒い冬場くらいで、普段は自分でずるずるとクッションを引きずってきて、そばには居ますがくっついては寝ません。ただ、ソファーでくつろいでテレビを見ているときなんかはぴょんとあがってきておなかの上にどっかり座り込みます。これは、テレビ見てるくらいならかまってよ!というサインですよね。決して自分が偉いんだぞ!とアピールしているわけではありませんよね。

 

しかし、寝る場所は関係ありませんがしっかりしつけが大事なのは間違いので、仲良く一緒には寝てもそこはしっかりがんばりましょう!

シーズーのカット トリミング

f863bf977995bb80fd610c6798f6c711_s

 

シーズーを飼っている楽しみの一つがオシャレですよね。トリミングといえば、プードルの方がテディベアカット、モヒカンスタイルなどイメージが強いかもですが、伸ばせばさらさらになるシーズーは変化もつけやすいのでバリエーションが豊富だといえるのではないでしょうか?

 

シーズーのカットで個性を出しやすいのがまず耳です。長く伸ばしてエレガントに、短くそろえて丸顔を強調するように、耳はカラーも出るところなのでいろんなオシャレが楽しめます。耳の付け根にちょこんと2つのリボンをつければ、流行のツインテールですよね。目がクリッとしているシーズーによく似合います!

 

流行といえば人間と一緒で最近は垂れ目の小顔がシーズーでもブームらしく、そのように見えるよう正面から見たときに口元より長くしてサイドにボリュームが出るようにカットするのが今のトレンドだとトリマーさんに勧められました。うちは食欲が旺盛のため、耳の毛が長いとご飯のとき、ドッグフードと一緒にもぐもぐしちゃうので短めですが、お行儀のいいシーズーだと挑戦してみてもいいかも知れません。

 

次は前髪ですよね。目が飛び出して大きいシーズーはオシャレの意味だけでなく目が傷つかないようにという意味でも前髪のお手入れは大切ですが、うちは伸ばして結ぶ派です。短くカットしていた時期もあるのですが、延びてきた時期に目に入るし、自分で切るとおでこだけぽこっと凹んだ様になってぶちゃいくになってしまい、以来伸ばして結ぶようにしています。アップにしたときに色がきれいに並ぶようにブラシをかけて結ぶのがうちのこだわりです!

 

最後に足元。足は毛が長いとフローリングで滑りやすかったりして間接に負担がかかるというとのと、やはり散歩のときに汚れちゃうというのですっきりカットするのが一般的でしょうか。

 

しかしもこもこ、ふわふわ感を強調するためにわざと太めに見えるようカットするのもかわいいですよね。ぬいぐるみのようにふわふわして見えるので私は大好きです。でも足の裏、肉球の間から伸びてくる毛は、ダイレクトに床に触れるのできちんとカットしないとですよね。カットはセンスがなくへたくそなので自分ではやりませんが、足の裏は延びてきたなと気になったら自分でチョキチョキ切っています。

 

 

シーズーのブラッシング

d2495d79485e4eb16f991c490be2c5f5_s

 

ブラシは何派ですか? シーズーの飼い主なら気になるはずですよね。

 

毎日のブラッシングが大事だと言われるシーズー。みなさんはどんなブラシを使っていますか?私いろいろ試しました。一口に犬用と言っても様々ですもんね。

 

うちのシーズーのブラシについてレポートしたいと思います。

 

・ピンブラシ

今うちのシーズはこれです!見た目は人間用にそっくりなブラシで、持ち手がついていて頭皮に触れるピンの部分が鉄でできているのですが、先が丸くなっていて痛くないようになっているタイプです。とはいっても力を入れすぎると痛がりますし、顔周りやお尻の付近などのデリケートな部分は小回りが利かず、背中メインに優しく使っています。

 

・コーム(くし)

これも鉄でできています。目がびっしりと詰まった一列に並んだものです。私はピンブラシでは届かない顔の周りやお尻などの細かいデリケートゾーンに使っています。全体がコームになったものもあるのですが細かい部分に使うのでコームの部分は4センチほどで持ち手がついてる小さいものを使っています。前髪を結んであげるときにも大活躍です。

 

・ラバーブラシ(ラバーグローブ)

ゴムでできているブラシで価格もやすい。毛がブラシにくっつくので抜け毛が落ちず、柔らかくて犬も嫌がらなというのが魅力で最初チャレンジ。

 

結果は×。

 

シーズーのブラッシングは毛が絡まりやすく、それをほぐしてやるのが大事なのですがラバーは目が粗くブラッシングしても毛玉が残ってしまいます。

 

またツヤのあるシーズーの毛にはゴムがきゅきゅっと引っかかり、引っ張られて痛いようで嫌がっていました。またシーズーはそんなに毛が抜けないのでラバーのメリットが活躍せず残念。後から聞いたのですがラバーブラシは芝犬などの室外犬で毛の抜け変わりが激しい犬に最適とのことです。

 

・スリッカ―ブラシ

サロンで使われているのをよく見るタイプですよね。持ち手がついていて、持つとピンの部分が下を向いている長方形のものです。こちらシーズー向けではあるらしいのですが、痛がるので使うのをやめました。
とかしている部分が下を向いているので見えず、力加減が難しいし、先が丸くなってないので、上級者向けだと思いました。実際自分で触ってみてもけっこう細くて痛いので要注意です。

 

みなさんはシーズーにどんなブラシを使っていますか?うちは顔と背中のときは気持ちよさそうにおとなしくしているんですがお尻になると嫌がって座り込んでしまうので困っています。

 

 

シーズーのしつけ方 噛み癖はある?

 

WS000004

 

シーズーは性格が温厚で友好的な種類なので、比較的噛み癖は少ない方だといわれていますが、小型犬でかわいいので、お散歩中に小さい子供さんが近寄ってきて触ったり、家の中でも危険なものをガジガジしないとは限りません。

 

小柄だとはいえ立派な犬です。家の中でも安全に、外でもいろんな人からも好かれる子にするために噛み癖は小さいうちから気をつけてみてあげましょう。

 

うちのシーズーは縄で出来たおもちゃがお気に入りで、ぬいぐるみやボールなどはあまりお好みではないようです。歯磨きにもなるとも聞いたので縄のおもちゃをガジガジはいいことだと思うのですが、それに似た固くてかみごたえのあるものが危なかったです。

 

私の家には無かったのですが、実家につれて帰ったときです。こたつのコード!布で巻いてある太いあの模様がついている電気コードです。幸い中のビニールの感触は気に入らなかったのが、中の電線まで到達することなく、何事もなかったのですがもしビリビリ感電なんてことになっていたらと恐ろしいですよね。

 

どんな犬も赤ちゃんのころの乳歯から永久歯に生え変わるときのむずむずをきっかけに、おもちゃなどをカミカミする遊びを覚えることが多いそうです。人間のように手が使えない犬は、口が手の代わりにもなるので発達のためにはいいことなのですが、噛んでいいもの、悪いものをしっかり教えてあげないといけません。

 

一回これは噛んでいいもの、楽しい!と覚えてから忘れさすのはなかなか難しいもの。噛んだ跡を見つけて、後から怒るのではなく現行犯で注意しないと意味がありません。その場で言われず後からだとなんで怒られているのか犬はわからないからです。多少きびしめに何度も繰り返す必要があり、カワイイ犬に厳しくするのは辛いものですよね。

 

嫌なことがあったり、怖い人などに噛みつく癖も、具合が悪くなって病院に行った時先生に噛みついたりして、治療が受けられないという困ったことにもなっちゃいます。

 

特にシーズーはブラッシングやトリミングなどのお手入れが頻繁にありますので、外に預けることも多いです。小さいうちに優しく声をかけてあげながら治してあげましょう。