シーズー犬のさっぱりショートスタイル メス・4歳

ショートスタイルのシーズー

 

シーズーをショートスタイルにするポイント

足バリを入れたことによって汚れが付くことを軽減しました。耳の毛もバリカンを入れてあり短く切りそろえてあります。顔は可愛さを出すためにまん丸にしました。背バリは6mmでかけてあり足、耳、体全部含めてさっぱりと仕上げています。

 

けっして奇抜なデザインカットというわけではなく、比較的ノーマルなシーズーのカットの1つかと思ってカットしました。被毛が短すぎるわけでもなく長すぎるわけでもないのでオールシーズン、気温の関係なしに出来るカットだと思います。

 

ショートスタイルのメリット・デメリットは?

・耳の毛が短くなっているためご飯を食べる際やお水を飲む際にほとんど汚れることがありません。
・正面から見たとき顔がまん丸になるため大変可愛らしいです。
・足バリをかけているためお散歩から帰ってきた時など足を拭くのも楽にできます。
・耳の毛が短くなっているため少し可愛さ、人によっては女の子らしさが欠けていると思うところがあるかもしれません。
・足や胸の部分は毛量も多く長さも少しあるためおしっこなどで汚れやすいかもしれないです。

 

ショートにするうえでの注意点やエピソードなど

被毛の流れがあるため背バリをかける際にバリカンの跡がつかないように毛の流れに沿って丁寧にかけることを心がけると良いと思います。ワンちゃんによって毛が硬いこと軟らかい子がいるので頭部などの毛の梳き具合をしっかり確認しながらカットを進めていくことを気をつけています。

 

足のカットの時は前足はまっすぐな綺麗円柱型を作り、後ろ足は長さを均等にしつつもアンギュレーションをしっかりと出してしっかりとした良い体格を魅せられるようにカットをするようにしています。

 

顔のカットをする際には仕上げ鋏でいきなり切るのではなく、スキバサミで様子を見ながらカットをしていくと失敗が少なく綺麗に丸くカットが仕上がると思うのでそこに注意しながらカットをしていきます。

 

ドッグフードのふやかし方

愛犬がドッグフードをなかなか食べてくれないという状況に陥ったことはありませんか?

犬がフードを食べないのには様々な理由がありますが、シーズー犬の場合は特に粒の大きさに注意してあげてください。犬は一度「食べにくい」と感じてしまうと次からは匂いをかぐことさえしなくなることがあります。

フードが柔らかいものであれば飼い主さんの手で砕いてあげてください。もし、硬くて砕けないようであれば、お湯でふやかすという方法もあります。

水だとふやけにくいので30~40度くらいのぬるま湯がおすすめ。熱すぎるとドッグフードに含まれる栄養素が壊れてしまいますので注意してください。残ったお湯もすべて食べさせるのがポイントです。

「どうしてもくだきたい」ということであれば、包丁でたたくとうまくいきます。勢いをつけすぎると飛び散るので要注意。粉末状にする場合は、フードプロセッサーやミルミキサーなどを使用すると早く砕くことができます。

シーズー犬のモヒカンカット オス・1歳

モヒカンカットのシーズー

 

シーズーをモヒカンスタイルにする方法・ポイント

顔周りの横の短い毛を短くしすぎず、少し長めにして丸顔にすると可愛いモヒカンスタイルになります。 顔周りに合わせて体全体も短くしすぎずカットをすれば全身丸くなりモコモコでぬいぐるみみたいになります。

 

てっぺんの毛は長くしすぎると毛が垂れて目に入ってしまったりすぐにモヒカンではなくなったりモヒカンっぽくなくなってしまうので少し短めにするのがコツ。わざわざセットする手間も省けます。

 

モヒカンカットのメリット・デメリットは?

メリットはさらに可愛くなったのと散歩中に同じヘアスタイルのわんちゃんがいないので会う人会う人に可愛いと言われていっぱい撫でてもらえることです。うちの子も毎回嬉しそうにしています。

 

デメリットはモヒカンの長い部分が伸びてチェッカーズみたいなヘアスタイルになってしまい、毛が目に入ってしまったりするのでキープするのが少しめんどくさかったことです。 横の短い毛も定期的にカットしないとすぐにモヒカンではなくなってしまうので半月に1回か月に1回くらいはカットをしていました。

 

モヒカンカットにするうえでの注意点やエピソードなど

トリミングサロンではなく、自分でカットをしていたのですが、セルフカットする時はケガに注意をしていました。 動くのでケガをさせてしまいそうになったこともありました。 カットをする前にしっかりとブラッシングをして毛が絡んだりしていたらほぐしてからカットをすると時間短縮にもなりカットもしやすく愛犬の負担も減ります。

 

お尻の周りなども体と同じ長さにカットしてしまうと汚れてしまったり、足裏の毛が伸びて滑ってしまうので足裏だけカットをしなければいけなくなるのでお尻の周りなどの汚れやすい所や足裏などは短めにカットをするとカットも頻繁にしなくてよくなります。 モヒカンにカットをする場合は長くする毛を軽く結んで周りからカットをしていけばキレイに出来上がります。

 

参照:「サマーカットは必要? | チワワの飼い方

 

シーズーの食事 ドッグフードとおやつ

 

WS000003

 

当たり前ですが犬は自分でごはんを用意できず、飼い主さんがあげるものがそのまま犬の食生活になります。人間と一緒で健康で長生きするためには、食事はとっても大事なことです。

 

小型犬であるシーズーはまず体重管理が大事です。可愛いからと言って甘やかしてお菓子をあげすぎて太って具合が悪くなるケース、人間で言うと成人病のような状態になるなんてことはよくあることです。自分だけでなく一緒に飼う家族全員で意識しましょう。

 

特に人間用のおやつは厳禁です!

 

その理由は体重人間と比べてみるとよくわかります。

 

うちのシーズーの体重は6キロです。標準サイズかと思います。大きいシーズーでも10キロくらいでしょうか。人間が60キロだとするとうちの体重が10分の1。つまり人間のクッキー1枚でも犬にとっては10倍の大きさなんです!お皿一枚分くらいのお菓子を食べてることになるでしょうか。

 

犬は体重だけでなく、年齢や去勢(避妊)手術をしたしないで必要なカロリーが変わってくるのでこのクッキーの話はあくまで目安ですが、シーズーの小さな体を考えると、いかに人間のお菓子が大きいか想像がつきますよね?

 

小型犬の一日の必要カロリーは体重1キロあたり100キロカロリーなんですって。

 

おやつの回数、量は家族みんなでちゃんと約束をしておきましょう。だれか一人だけシーズーに好かれたいとおやつをたくさんあげる抜けがけもしないことと念押しを忘れずに!

 

あとは、犬用のおやつでも大型犬・中型犬用のサイズのものだとカロリーが高すぎることもありますので注意したいですね。おやつをあげる時間は特別なしつけの時期を除き、決めてしまうといいでしょう。

 

うちはドッグフードを朝晩二回、おやつは平日は私が仕事に行くの長いお留守番の前、お休みの日はおやつではなくお昼ご飯のときにキャベツの芯やキュウリなどの野菜をあげています。

 

後は柔らかいおやつよりかたい方が長持ちもして、歯にもよく、口臭予防にもなると聞いたのでなるべく硬そうなものを選んでいます。

 

食事に気をつけないと人間と同じで、年を取って来て内臓の病気にかかる可能性が高くなります。太りすぎのシーズーは関節に負担がかかり、室内犬なので床で歩くのを痛がるようになったり、かわいそうな状況になりかねません。大事な家族だからこそ気をつけてあげたいですよね。

 

参考:小型犬におすすめのドッグフード | チワワの飼い方