カラダにできたイボの原因は?

シーズーの身体に突然できてしまったイボについて、その原因や治療法についてお話していきたいと思います。

イボができる主な理由は加齢

犬にできるイボは人間の場合と同じで、年をとることで発生する傾向があります。いつものようにブラッシングをしていたら見慣れないイボが・・・と気づく飼い主さんが多いようですが、ほとんどの場合脂肪のかたまりなので基本的には心配する必要はありません。

一か所だけにできることもありますが、通常の場合複数個所にできることが多いです。場所は、首元、背中、脚の付け根、お尻の穴周辺などなど様々。

もちろん、悪性のイボの可能性もあるので、1ヶ所でも見つけたら念のため獣医に診せることをおすすめします。

良性だと処置してくれないことも

イボが良性か悪性かの判断は獣医に診せるとすぐにわかります。悪性の場合はしっかりと治療をしてくれますが、良性の場合は「そのまま様子見で」といわれることが多くあります。

イボは白髪と同じで老化現象の一つなので獣医もわざわざ犬に負担がかかるような処置をしないようです。

ただ、イボの周辺に炎症が起きたりしてワンちゃんが掻くことでつぶれて悪化するということもあるので、数が増えたり様子が変わったりしたらすぐに獣医に知らせるようにしてください。

良性と悪性の見分け方

素人目に良性と悪性を瞬時に見分けることはなかなか難しいですが、一般的には、赤や黒っぽい色をしていたら悪性の可能性が高いといわれています。逆に、良性のものは白や黄色が多いようです。

また、悪性のイボは、「進行が速い」「サイズが3cm以上ある」「皮膚だけではなく眼球や体内にもできる」とも言われていますが、このような場合でも良性であることが多々あるので一概には言えません。

悪性のイボも他の病気と同じで早期発見で完治が可能ですので、見つけたら早めに病院に行くことをおすすめします。

イボの治療は外科手術

イボは良性の場合も悪性の場合も外科手術になります(症状によっては中身を絞り出すこともあります)。良性の場合は基本的には手術は行いませんが、毎日の行動に支障をきたすようになると手術をします。

イボができるワンちゃんの多くはシニア犬なので体力面で心配があるかと思いますが、数が多くなければ局部麻酔も可能ですのであまり負担をかけずに手術を行うことができます。

シーズーはイボができやすい?

シーズー犬は割とイボができやすい犬種だとされています。7歳を超えたあたりから少しずつでき始めることが多いです。

できやすい場所は、背中、肛門回り、脚の付け根など。イボを少し引っ張ってみて皮膚と一緒に動くようであれば基本的に良性です。

しかし、引っ張っても骨にくっついているような感じで動かなければ悪性の可能性もあります。

イボ予防の食事

イボ予防に特化した栄養素というものはありませんが、免疫力や抵抗力を上げることでガンや皮膚病になりにくい体質に変えることはできます。

免疫力や抵抗力を上げる主な食材、栄養素は、発酵食品、オリゴ糖、ビタミンC、ビタミンE、動物性たんぱく質、オメガ3脂肪酸(青魚の油)、ミネラルなど。

まだまだ元気がいい時はいいですが、7歳を超えたら普段与えているドッグフードにトッピングして免疫力を高めておくことをおすすめします。

食べ物以外にも、ストレスをためない生活や、適度な運動などで免疫力、抵抗力を上げることが可能です。

 

シーズー犬の脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、皮脂腺から過剰に脂が出たり、逆に脂が出ずに皮膚の角質化が極端に進んでしまう病気のことを言います。シーズーも、この病気にかかりやすく、一度かかるとなかなか治りにくいという特徴もあるので根気強い治療が必要です。

脂漏性皮膚炎の症状

脂が過剰に出てしまう症状を脂性脂漏症といいますが、放置したままにすると、皮膚がべたつき毛が抜けたりフケが出やすくなったりします。患部から強いにおいがでることもあります。

一方、脂が出にくくなる症状を乾性脂漏症といい、皮膚がかさつくなどといった症状がでるようになります。

脂性脂漏症、乾性脂漏症ともに強いかゆみをもたらすので、ワンちゃんがかきむしり皮膚が膿んでしまい膿皮症になる場合もあります。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎は、遺伝的な原因によるものと、アレルギーなどの皮膚疾患が原因になるものがあります。一般には後者の皮膚疾患が原因になる場合が多く、予防としては常に皮膚を健康な状態に保つことが第一になります。

アレルギー性の皮膚炎の原因としては、ホルモンの分泌異常や、食事の内容、ビタミンAや亜鉛不足、ダニやノミなどの細菌感染など様々なものが考えられるので、特定するのは難しいといえます。

かかりやすい犬種は、シーズーの他、ラブラドールレトリバー、秋田犬、ダックスフンド、ドーベルマン、アメリカンコッカ―スパニエルなど。シーズは、どちらかというと脂性脂漏性にかかりやすい傾向にあります。

脂漏性皮膚炎の予防・治療

脂漏性皮膚炎になってしまったら、まずは専用のシャンプーに変えることから始めます。同時に抗真菌薬などの投薬治療、かゆみ止めなどの塗り薬治療を行います。食事の栄養バランスを見直すこともおすすめします。なかなか治りにくい病気なので完治するまで根気強く続けてあげてください。

予防としては、皮膚を清潔に保つことや気を濡れたままにしないこと。アウトドアなどでノミ・マダニがいそうな草むらに行くときは、予防薬を使うのも一つの手です。

 

 

シーズー犬はアレルギーを起こしやすい?

シーズー犬は皮膚が敏感で弱い特徴があるため、皮膚の病気を起こすことがあります。そのためいったん湿疹などがでると完治させるのに時間がかかるので普段から予防対策を行っておくことをおすすめします。

皮膚炎の中でも起きやすいのがアレルギー皮膚炎です。アレルギー皮膚炎には、主に食物アレルギー、ノミアレルギー、アトピー性皮膚炎の3つがあります。

食物アレルギーについては、人間と同じで何かの原料に反応して皮膚炎をおこします。ドッグフードを変えたことで何か皮膚に異常が見られたらすぐに他のものに変えてあげてください。一般に、穀物などの炭水化物や豚肉・牛肉などの肉類がアレルギー反応を起こしやすいとされています。

食物アレルギーは成犬になっても起きることがあり、ずっと同じものを食べ続けることも原因の一つだとされています。

ノミアレルギーは、ノミに刺されたことで発症するわけではなくノミ自体にアレルギー反応を起こすことを言います。ノミ予防の商品はペットショップやホームセンターなどで購入できるので、ぜひ対策をとってあげてください。

アトピー性皮膚炎は、遺伝が大きく影響し、特にシーズーは起こしやすいといわれています。温かい春から夏にかけて悪化し、冬に落ち着くという特徴もあります。

食物アレルギーやアトピー性皮膚炎は原因を排除すれば回復するのに対して、アレルギー性皮膚炎は完治が難しいため、獣医の先生に相談しながら治療することをおすすめします。

犬の心臓肥大

心臓肥大とは、その名の通り心臓が大きくなる症状でシーズー犬がかかりやすい病気の一つです。心臓は体全体に血液を送り出しているのですが、何らかの理由で負荷がかかり心臓の筋肉が発達して結果的に大きくなってしまうのです。

心臓が大きくなると縮む力が弱くなり体全体に血液を送りにくくなります。場合によっては、肺水腫や動脈血栓塞栓病などを引き起こします。

シーズーの他かかりやすい犬種は、トイプードル、チワワ、マルチーズ、ヨークシャーテリアなどの小型犬です。遺伝的疾患でキャバリアもかかりやすい傾向にあります。

心臓肥大の原因で多いのは肥満で、その他遺伝や老化が関係することもあります。普段から塩分の高いものを与えると心臓に負担がかかり心臓医大を起こしやすいので食生活に十分気を付けてください。また、肥満も心臓には良くないのでカロリーコントロールもしっかり行うようにしましょう。

主な症状は、咳です。咳の数が増えたりいつもと違う咳をすることが続くのであれば心臓病を疑ってください。初期のころはわかりにくいものが多いので飼い主さんが見落としてしまうことが多いというのも特徴の一つです。7歳を超えたら定期的な検診を行うと安心です。

咳の他には、疲れやすくなったりいびきをかくようになったりします。場合によっては呼吸困難や失神の症状を起こすこともあります。

心臓肥大の治療は、完治を目指すのではなく、進行を遅らせることをメインにします。病院での投薬治療と合わせて塩分やカロリーの少ない食事を与えていくことになります。手作りごはんもお勧めですが、やはり専門的な部分で難しいこともありますので、病院で売られている療養食のほうが良いでしょう。