シーズーの食事 ドッグフードとおやつ

 

WS000003

 

当たり前ですが犬は自分でごはんを用意できず、飼い主さんがあげるものがそのまま犬の食生活になります。人間と一緒で健康で長生きするためには、食事はとっても大事なことです。

 

小型犬であるシーズーはまず体重管理が大事です。可愛いからと言って甘やかしてお菓子をあげすぎて太って具合が悪くなるケース、人間で言うと成人病のような状態になるなんてことはよくあることです。自分だけでなく一緒に飼う家族全員で意識しましょう。

 

特に人間用のおやつは厳禁です!

 

その理由は体重人間と比べてみるとよくわかります。

 

うちのシーズーの体重は6キロです。標準サイズかと思います。大きいシーズーでも10キロくらいでしょうか。人間が60キロだとするとうちの体重が10分の1。つまり人間のクッキー1枚でも犬にとっては10倍の大きさなんです!お皿一枚分くらいのお菓子を食べてることになるでしょうか。

 

犬は体重だけでなく、年齢や去勢(避妊)手術をしたしないで必要なカロリーが変わってくるのでこのクッキーの話はあくまで目安ですが、シーズーの小さな体を考えると、いかに人間のお菓子が大きいか想像がつきますよね?

 

小型犬の一日の必要カロリーは体重1キロあたり100キロカロリーなんですって。

 

おやつの回数、量は家族みんなでちゃんと約束をしておきましょう。だれか一人だけシーズーに好かれたいとおやつをたくさんあげる抜けがけもしないことと念押しを忘れずに!

 

あとは、犬用のおやつでも大型犬・中型犬用のサイズのものだとカロリーが高すぎることもありますので注意したいですね。おやつをあげる時間は特別なしつけの時期を除き、決めてしまうといいでしょう。

 

うちはドッグフードを朝晩二回、おやつは平日は私が仕事に行くの長いお留守番の前、お休みの日はおやつではなくお昼ご飯のときにキャベツの芯やキュウリなどの野菜をあげています。

 

後は柔らかいおやつよりかたい方が長持ちもして、歯にもよく、口臭予防にもなると聞いたのでなるべく硬そうなものを選んでいます。

 

食事に気をつけないと人間と同じで、年を取って来て内臓の病気にかかる可能性が高くなります。太りすぎのシーズーは関節に負担がかかり、室内犬なので床で歩くのを痛がるようになったり、かわいそうな状況になりかねません。大事な家族だからこそ気をつけてあげたいですよね。

 

参考:小型犬におすすめのドッグフード | チワワの飼い方