シーズー犬の脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎とは、皮脂腺から過剰に脂が出たり、逆に脂が出ずに皮膚の角質化が極端に進んでしまう病気のことを言います。シーズーも、この病気にかかりやすく、一度かかるとなかなか治りにくいという特徴もあるので根気強い治療が必要です。

脂漏性皮膚炎の症状

脂が過剰に出てしまう症状を脂性脂漏症といいますが、放置したままにすると、皮膚がべたつき毛が抜けたりフケが出やすくなったりします。患部から強いにおいがでることもあります。

一方、脂が出にくくなる症状を乾性脂漏症といい、皮膚がかさつくなどといった症状がでるようになります。

脂性脂漏症、乾性脂漏症ともに強いかゆみをもたらすので、ワンちゃんがかきむしり皮膚が膿んでしまい膿皮症になる場合もあります。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎は、遺伝的な原因によるものと、アレルギーなどの皮膚疾患が原因になるものがあります。一般には後者の皮膚疾患が原因になる場合が多く、予防としては常に皮膚を健康な状態に保つことが第一になります。

アレルギー性の皮膚炎の原因としては、ホルモンの分泌異常や、食事の内容、ビタミンAや亜鉛不足、ダニやノミなどの細菌感染など様々なものが考えられるので、特定するのは難しいといえます。

かかりやすい犬種は、シーズーの他、ラブラドールレトリバー、秋田犬、ダックスフンド、ドーベルマン、アメリカンコッカ―スパニエルなど。シーズは、どちらかというと脂性脂漏性にかかりやすい傾向にあります。

脂漏性皮膚炎の予防・治療

脂漏性皮膚炎になってしまったら、まずは専用のシャンプーに変えることから始めます。同時に抗真菌薬などの投薬治療、かゆみ止めなどの塗り薬治療を行います。食事の栄養バランスを見直すこともおすすめします。なかなか治りにくい病気なので完治するまで根気強く続けてあげてください。

予防としては、皮膚を清潔に保つことや気を濡れたままにしないこと。アウトドアなどでノミ・マダニがいそうな草むらに行くときは、予防薬を使うのも一つの手です。

 

 

2020年1月29日 シーズー犬の脂漏性皮膚炎 はコメントを受け付けていません。 かかりやすい病気