シーズがかかりやすい病気 涙やけに要注意

 

シーズ犬ブログ

 

シーズーはその長くてふわふわしたきれいな毛がなんといっても魅力ですが、それだけにお手入れが大事です。いきなり怖い話ですが気をつけないと病気の原因にもなるからです。

 

特に目。シーズーの目は少し前に突き出たようになっています。クリっとしてそこがかわいいのですが毛が目に入らないようにしないと気をつけましょう。ホコリも入りやすく、毛が瞳を傷つけてしまうこともよくあるので、気をつけてあげないといけません。顔の周りの長い毛は短くカットするか、結んであげましょう。

 

涙や目やにがある場合はぬれた綿のタオルやコットンなどでやさしくふき取ってあげて、絡まらないように体よりも特に入念にブラッシングをしてあげてくださいね。

 

後、気をつけたいのが涙やけと呼ばれる症状です。目の下、目頭から口の周りにかけて、茶色というか赤茶っぽくなっているのを見たことがありませんか?涙やけはシーズーだけでなく薄い色の犬には注意したい症状なのですが、特にシーズーの目は大きくて前に出てお鼻が短いので涙が出やすく、普通の犬種より涙やけになりやすい犬種です。

 

原因はペットフードなどの添加物、食べ物によるところも大きいとそうです。特に犬の食いつきをよくするためにいろんなにおいや色をつけたりしているものは要注意。ドッグフードも牛やチキンを使ったものが多いですが、人間と違って使用される肉の製造方法や表記に厳しい規制は残念ながらありません。

 

私も一時期、愛犬に涙やけの症状が出て悩みましたが、「価格の安いドッグフードは添加物の多いことがよくあるからちょっと高めのものに替えてみれば」アドバイスを受けたことがあります。お手入れをしても良くならない場合にはドッグフードを見直してみるのもいいでしょう。

 

他に気をつけたい病気としては、暑さ。寒冷地が原産で毛の多いシーズーは高温多湿に弱いので夏場の熱中症、脱水症状にはご注意。体高の低いシーズーにとってはアスファルトやコンクリートの反射熱も辛いものですよ。

 

そして耳が垂れているので中の汚れ、お鼻が短いので気管や呼吸のトラブルも起こしやすいです。睡眠のときのいびきや呼吸の音など異常があるときは病院で見てもらってあげてくださいね。

コメントを残す