シーズーのカット トリミング

f863bf977995bb80fd610c6798f6c711_s

 

シーズーを飼っている楽しみの一つがオシャレですよね。トリミングといえば、プードルの方がテディベアカット、モヒカンスタイルなどイメージが強いかもですが、伸ばせばさらさらになるシーズーは変化もつけやすいのでバリエーションが豊富だといえるのではないでしょうか?

 

シーズーのカットで個性を出しやすいのがまず耳です。長く伸ばしてエレガントに、短くそろえて丸顔を強調するように、耳はカラーも出るところなのでいろんなオシャレが楽しめます。耳の付け根にちょこんと2つのリボンをつければ、流行のツインテールですよね。目がクリッとしているシーズーによく似合います!

 

流行といえば人間と一緒で最近は垂れ目の小顔がシーズーでもブームらしく、そのように見えるよう正面から見たときに口元より長くしてサイドにボリュームが出るようにカットするのが今のトレンドだとトリマーさんに勧められました。うちは食欲が旺盛のため、耳の毛が長いとご飯のとき、ドッグフードと一緒にもぐもぐしちゃうので短めですが、お行儀のいいシーズーだと挑戦してみてもいいかも知れません。

 

次は前髪ですよね。目が飛び出して大きいシーズーはオシャレの意味だけでなく目が傷つかないようにという意味でも前髪のお手入れは大切ですが、うちは伸ばして結ぶ派です。短くカットしていた時期もあるのですが、延びてきた時期に目に入るし、自分で切るとおでこだけぽこっと凹んだ様になってぶちゃいくになってしまい、以来伸ばして結ぶようにしています。アップにしたときに色がきれいに並ぶようにブラシをかけて結ぶのがうちのこだわりです!

 

最後に足元。足は毛が長いとフローリングで滑りやすかったりして間接に負担がかかるというとのと、やはり散歩のときに汚れちゃうというのですっきりカットするのが一般的でしょうか。

 

しかしもこもこ、ふわふわ感を強調するためにわざと太めに見えるようカットするのもかわいいですよね。ぬいぐるみのようにふわふわして見えるので私は大好きです。でも足の裏、肉球の間から伸びてくる毛は、ダイレクトに床に触れるのできちんとカットしないとですよね。カットはセンスがなくへたくそなので自分ではやりませんが、足の裏は延びてきたなと気になったら自分でチョキチョキ切っています。

 

 

コメントを残す