気管虚脱とは

気管虚脱とは、何らかの理由で気管が変形したり弾力を失うことで、呼吸困難になってしまう病気のこと。5歳以上の小型犬に多い病気として知られていますが、日本原産の中型犬、ラブラドール系の大型犬と続きますので、ほぼ全犬種においてかかりやすい病気だともいえます。

 

小型犬の中でも肥満体質のワンちゃんに多く見られ、呼吸器や心臓に負担がかかる夏の時期に発症しやすい傾向にあります。

 

気管虚脱の症状とかかりやすい犬種

気管虚脱の主な症状は、乾いたような咳、よだれなど。 アヒルが「ガ―ガ―」と鳴くような変わった咳をします。 その他、呼吸が苦しくなったりすることも。シー・ズー、トイ・プードル、ヨークシャー・テリア、ポメラニアン、 マルチーズ、チワワなどに多く見られます。

 

気管虚脱の原因と予防

気管虚脱は遺伝の他に栄養が偏った食事の給餌などが原因で起こります。 人工添加物が多く含まれるドッグフードや肉中心の食事は できる限り避けましょう。

 

また、肥満により増えた脂肪が気管を圧迫し呼吸をしにくくさせます。 肥満は、気管虚脱以外にも多くの病気を誘発する原因になります。 標準体重を超えてしまったら運動やカロリー制限など ダイエットも必要です。 さらに、シー・ズーをはじめとしたフレンチブルドッグ、パグなどの短頭種は、 鼻道が狭く強い呼吸をするため気管虚脱にかかりやすいといわれています。

 

気管虚脱の治療

症状が軽い場合には、咳止め薬などの投薬治療を行います。 気管の変形が激しく投薬では効果が得られないと判断されると 外科手術を行うこともあります。 肥満や食事が原因の場合には、 生活習慣の改善が必要不可欠です。

 

犬のトリミングとは グルーミングとの違い

トリミングとは、犬の毛をカットして整えること。プードルやマルチーズが有名ですが、ある程度毛が長い犬種であればトリミングを行うことが可能です。チワワや柴犬は、トリミング不要といわれていますが飼い主さんによってはトリミングを行っている方もいるようです。

 

逆に、ダニ・ノミ、けがや病気の予防や衛生面への影響からトリミングが必須の犬種もいます。シーズーをはじめとして、トイ・プードル、ヨークシャーテリア、 ビション・フリーゼ、シュナウザーなどは、定期的に行った方が良いですね。

 

初めての方は、怪我の心配もありますしサロンでお願することをおすすめします。「いずれは自宅で」と考えている方は、トリマーさんにアドバイスを受けつつ 部分的にならしていくのが良いかと思います。

 

グルーミングとは グルーミングとは、シャンプーや爪切り、耳掃除、カットなど ワンちゃんに施す一連の流れのことを言いますが、 トリミングと区別するために、日本では、 「グルーミング=ワンちゃんの健康をたもつためのもの」 として分けて呼ばれています。

 

トリミングの種類

カッティング
はさみやクリッパーを使い毛を切りそろえていく方法です。いちばん簡単な方法で自宅で行いやすいという利点があります。クリッパーやバリカンで毛を切りそろえていくことを主にクリッピングといいます。

 

プラッキング
短い毛を残して長くなったところを抜いていく方法です。新たに生えてくる毛はかたくて強く、見た目もきれいになりますし、刺激を与えることで新陳代謝を促進する効果もあります。皮膚も強くなることからアレルギー性皮膚炎の改善目的で行うこともあります。

 

ストリッピング
頭や背中等の毛をすべて抜いてしまう方法です。見た目をきれいにというよりは、新しくかたい毛を生えさせるために行います。皮膚が弱いワンちゃんには向きません。

 

プラッキングやストリッピングを行っているサロンはまだまだ少ないように感じます。しっかりとした技術が必要な為、カッティングに比べると料金が高くなります。主に、テリア系の犬に施すことが多いですが、カッティングだけではダメというものでもありません。

 

シーズーのしつけ方 吠え癖はある?

シーズは、あまり吠えない犬として知られていますが、警戒心が強かったりストレスがたまったりすると無駄吠えが続くことがあります。

 

無駄吠え、吠え癖を解消させるためには、原因を知ることが大切。愛犬をじっくりと観察してなぜ泣いているのか、どういうときに泣いているのか知る必要があります。

 

シーズーに限らずですが、犬がよく吠えるシーンとして、「インターフォンがなった時」「来客があった時」「散歩中に他の犬とすれちがうとき」などがあります。これらに該当する場合は、理由が分かるので時間がかかる場合もありますが、比較的簡単に治すことができます。

 

こちらの記事は、チワワの吠え癖対処法ですが、シーズにも当てはまるので気になる方は読んでみてください。

記事:チワワの飼い方 | 無駄吠えを減らすための対処法は?

 

犬のストレスにとして一番多いのは、散歩が少ない(足りない)こと。同じ犬種でも散歩の好き嫌いには個体差があります。「シーズ犬だからこれくらいでいいだろう」と思っていても、犬にとっては「まだまだ足りない」と感じることもあります。

 

また、シーズーは飼い主と一緒にいることで安心する性格でもあります。仕事や外出が多くシーズーに触れる時間が少なくなることで、「もっとかまってよ」と吠えてしまうことも考えられます。

 

さらに、家族が増えたり引っ越し直後などで環境が変わることもストレスになり得ます。

 

最初にも書きましたが、愛犬の吠え癖を治すためには、が何かの欲求によるものか、それともストレスによるものなのかをしっかりと見極めて行くことが大切なのです。

 

シーズーの寝場所と睡眠

2929beb890450de42f7640b569ec0f0b_s

 

犬をどこで寝かせていますか?一緒に寝ますか?専用のベッドやクッション?それともゲージに入れますか?

 

うちのシーズーは家の中でゲージを使っていません。使わないときは畳んでおけるサークルで仕切っているだけです。お留守番のときも広めに陣取っています。シーズーは暑がりなので風通しがよい、日が直接当たらない場所にしています。ですので家族が家に居るときはそのサークルもないので、寝るときも基本自由にさせています。

 

よく犬を一緒に寝かせてはダメと聞きますがどうしてなのでしょうか。
ダメな理由として、主人と飼い犬のバランスがおかしくなる、犬が自分を一番だと勘違いして言うことを聞かなくなるからだといいます。寝るときはその犬にもよりますが、枕元、つまり頭に近い位置、おなかの上などが多く、それがマウンティングの意味で言うと自分が上!となり立場が逆転するということらしいのです。

 

しかし、私は獣医さんに聞いたのですが一緒に寝ることが原因ではないそうです。言うことを聞かず、犬が自分が上だと思ってしまうのは、日々の接し方、しつけが大事なのであって寝る位置は関係ない!と言われました。そもそも群れで行動する犬や狼は身を寄せ合って眠るし、猫は高いほうが有利というか強い立場というのがあるそうですが、犬はあまり高さで立場を決めることはないそうです。

 

なので寝る場所も犬と人間が心地よい好きな場所で問題ないと思います。シーズーは抜け毛も少ないので一緒に寝ても安心ですよね。ただベッドの高さによっては夜中暗いときに飛び降りて足を怪我することがあるから気をつけたほうがいいです。

 

うちのシーズーは暑がりなほうなので、ベッドに入ってくるのは寒い冬場くらいで、普段は自分でずるずるとクッションを引きずってきて、そばには居ますがくっついては寝ません。ただ、ソファーでくつろいでテレビを見ているときなんかはぴょんとあがってきておなかの上にどっかり座り込みます。これは、テレビ見てるくらいならかまってよ!というサインですよね。決して自分が偉いんだぞ!とアピールしているわけではありませんよね。

 

しかし、寝る場所は関係ありませんがしっかりしつけが大事なのは間違いので、仲良く一緒には寝てもそこはしっかりがんばりましょう!